Mac OS X – Yosemiteでフランス語キーボードを使用する場合


french_azerty_1120_01fb

Mac OS X – YosemiteでWindows用フランス語キーボード(AZERTY配列)を使用する場合。

社外のMac向け以外の外国語キーボードの使用について。

キーボードの設定

入力ソースにフランス語を追加します
Mac_OS_X_keyboard_French_PC_AZERTY_00Mac_OS_X_keyboard_French_PC_AZERTY_01

キーボードのタブで”キーボードの種類”を変更をクリックします。
Mac_OS_X_keyboard_French_PC_AZERTY_03

キーボード設定アシスタントが開き、識別できませんとなった場合は”続ける”をクリックします。

キーボード設定アシスタント

設定結果が”ISO (欧州) ISO/Macintosh”キーボードになっていることを確認します。

Mac_OS_X_keyboard_French_PC_AZERTY_05

“完了”をクリックして終了です。

 

Mac OS X – Yosemiteでフランス語入力(French-PC)を設定した場合、以下の様なキー配列になり、キーボードに記載のない文字も入力可能になります。

オレンジの部分はデッドキーになります。
基本的にWindows用キーボードなので⌘ commandキーの記載はありません。特に設定を変更していない場合はWindowsキーが⌘ commandキーの役割をするようになります。また、ctrl、optionキーの位置もMac標準とは異なる為、注意が必要です。

 

通常時入力

MAC_OS_X_input_french_azerty_normal

Shiftキーを押しながら入力した場合

MAC_OS_X_input_french_azerty_shift

altキーを押しながら入力した場合

MAC_OS_X_input_french_azerty_alt

alt + shiftキーを押しながら入力した場合

MAC_OS_X_input_french_azerty_shift_alt

 

当店にてフランス語キーボード販売中です

gotoshop

※Mac OS X Yosemite+テキストエディットで検証しましたが環境により上記のとおりにならない場合もあります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.